物流ディスラプターのFlexport、ソフトバンク・ビジョンファンドから10億ドル調達

Flexportは2013年にサンフランシスコで創業した物流スタートアップで、著名アクセラレータであるY Combinatorの卒業生。いわゆる国際シッピング(船舶輸送)の貨物管理・追跡をクラウドで提供している企業で、コンテナを主体とするLCL(Less than Containar Loadと呼ばれる相乗りコンテナ輸送)関税などの出荷・荷受関連の事務処理サービスを提供する。

同社はこの2月、SoftBank Vision Fundが主導する10億ドルの新規資金調達を発表。Techcrunchによるとこれまでに同社は3.05億ドルを調達しており、今回のラウンドによって企業価値は32億ドルを超えるものになる。同誌によれば、Flexportの収益は昨年、2017年の2億2480万ドルから今年4億7100万ドルに上昇。年間1000万ドル規模のサプライチェーンを同社に委託する企業もあるという。*1

国際物流の世界は紙ベースでの情報管理が大半を占める、いわゆるレガシーな業界であったが、Flexportのサービスを使えばこれらの取引データをほぼリアルタイム・データとして管理することが可能。国際物流業界は、契約や荷受けの事務取引を担当するフォワーダーと、実際に運搬を担当するクーリエに大別されれおり、Flexportを始めとした物流情報管理系スタートアップはデジタルフォワーダーと呼ばれている。同記事も触れている通り、Flexportは自社物流を構え、クーリエサービスにも進出中で、FedExなどの巨大物流企業に戦いを挑んでいる。また、同社はその情報料とリアルタイム性を活かし、トレードファイナンス(出荷輸送から製造販売までのつなぎ融資)も提供しており、国際物流のディスラプターと目されている。


【出典】
*1 Techcrunch(2019), Logistics startup Flexport just raised a SoftBank-led round at a whopping $3.2 billion valuation,
https://techcrunch.com/2019/02/21/logistics-startup-flexport-just-raised-a-softbank-led-round-at-a-whopping-3-2-billion-valuation/

【参考記事】
Forbes(2019), Freight Startup Flexport Hits $3.2 Billion Valuation After $1 Billion Investment Led By SoftBank,
https://www.forbes.com/sites/alexkonrad/2019/02/21/flexport-raises-1-billion-softbank/#3a7b49c25650

CNBC.com(2019), 24.Flexport 2019 Disruptor 50 - CNBC.com
https://www.cnbc.com/2019/05/14/flexport-2019-disruptor-50.html


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう