米国ドラッグストア大手Walgreens、Apple Cardの3%キャッシュバックに参加

この夏、iPhone11以上にDXな世界を賑わしたのは、Apple Cardのリリースだったかもしれない。同カードの詳細は別の機会に説明するとして、この彼らが提供するキャッシュバック・プログラム、Daily Cashにアメリカのドラッグストア大手Walgreensが参加を表明した。

Apple Cardの利用者にはDaily Cashという恩恵がある。Apple Payの決済カードにApple Cardを登録すれば、全ての決済で1%から3%のキャッシュバックが貰える。キャッシュバック・プログラムでよく見られるのは、キャッシュバックの用途が特定店舗や商品に制約されること、すなわち、実はポイントに過ぎないことだ。Daily CashはAppleらしい頑固さもあって、「現金」であることに執着している。すなわち、Apple Payでの買い物ならどこで何を買っても使える。そして、自分の銀行口座に現金として送金することすら出来る。ちなみに日本のPaypayにも銀行出金機能が追加されているが、これはあくまでチャージ残高だ。キャッシュバックポイントはあくまでポイントであり、加盟店でしか使えない。

Apple Card

Daily Cashは、基本的にApple関連のストア(オンラインの課金含む)での消費で3%、Apple Payによるタッチ決済で2%が戻り、Apple Cardの物理カード(チタン製)を使った決済で1%の還元となる。そして、Walgreensでは既にApple Payに対応しているので2%還元だが、同社はApple関連ストアと同等の3%枠に参加した。この1%アップに対してAppleにどんな対価を支払っているかは不明だが、少なくともライバルであるCVS(米国ドラッグストア最大手)との差別化には一歩リードした形となった。この3%枠は、Uberが既に対応しており、Walgreensは2番目の事例となる。

Appleによるキャッシュバックは、日本で例えるとSuicaにキャッシュバックと銀行出金機能がついたようなものであろう。Apple CardもDaily Cashも日本上陸のタイミングは未定だが、既に日本語での説明サイトは出来上がり、Apple Pay自体Suicaに対応済みである。日本の世間を賑わすスマホ決済とポイント還元にAppleが何を持ち込むのか期待されるところである。


参考記事:
Techcrunch(2019), Walgreens joins Apple Card’s rewards program to offer 3% Daily Cash on purchases
https://techcrunch.com/2019/09/12/walgreens-joins-apple-cards-rewards-program-to-offer-3-daily-cash-on-purchases/
Walgreens(2019), Walgreens to Offer 3 Percent Daily Cash on Apple Card with Apple Pay Purchases
https://news.walgreens.com/press-releases/general-news/walgreens-to-offer-3-percent-daily-cash-on-apple-card-with-apple-pay-purchases.htm
Apple(2019), Apple Card
https://www.apple.com/apple-card/how-it-works/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう