【独占インタビュー】 テックタッチはDXの現場実装の救世主となるか
+8

Maximize the power of tech(テックの力を最大化する)

テックタッチは上記のビジョンを掲げ、2018年3月に設立された会社だ。現代を「爆発的な技術革新によって社会が根本的に変わる、デジタルトランスフォーメーションの時代」とした上で、テクノロジーの力を引き出し、誰もが簡単にITを使いこなせることを同社は目指している。今回、多忙な中、代表取締役の井無田氏にインタビューの機会を頂けた。彼の言葉を踏まえ、彼らの目指すDXのかたちを考えていきたい。

操作手順ガイド表示プロダクト「テックタッチ」

同社が提供する「テックタッチ」は、簡単に説明すると、Webシステムの画面上にリアルタイムで操作手順のガイドを表示できるプロダクトだ。

改革のために新たに取り入れたWebシステムが、使い方がよくわからないという理由で定着しなかったという事例はたくさんあるだろう。テックタッチは、操作手順やガイドWebシステムの画面上に表示することで、実際に操作しながら手順を覚えていくことができるガイド機能を提供する。新システムの操作ガイドをテックタッチで作成することで、ユーザーは操作研修やマニュアル理解に時間を取られることなく、導入のその日から新システムで作業に着手できる。導入担当部門は、オンサイトでのトレーニングや現場からの問い合わせから解放されることになる。

SFAやCRM、自社開発システム、経費精算システムなど、どんなWebアプリケーションにも導入可能で、なにより嬉しいのはテックタッチを導入したシステム自体に改修を入れなくて済むという点だ。

テックタッチは細かな操作の分岐にも対応できる。実際にガイドを設定する作業を見せていただいたが、こんなにも簡単に細かく設定できるのかと驚いた。ソース上のclassを指定して設定するなど、かなりかゆいところに手が届く印象だ。ガイドの設定作業を見ながら、筆者も社内の勤怠システムに導入してほしいと強く思った。

https://youtu.be/sal9Km7b-Ds

テックタッチなりのDXの解釈とは

デジタルトランスフォーメーションはさまざまな解釈がなされているが、基本的にはデジタルを使ったトランスフォーメーション、つまり会社の変革である、と井無田氏は捉えている。そのうえで、テクノロジーの幅が増え、今まさに新しい時代が来ていることを肌に感じている、と彼は語る。

「前提として、どんな業界であっても社員全員がITを使いこなせないと戦えない時代になっていると思っています」

実際テックタッチ社内でも、新しい社内システムを導入し、使いこなせるようになったことで社内での業務変革がかなり起きたと感じたという。

もともと金融機関の出身だという彼は、複雑なシステムが多いなかでシステムの作り手と使い手のギャップを感じる部分も多かったと言う。

出典:テックタッチ(2021),https://techtouch.jp/techtouch

 

次世代の会社の基礎となるようなプロダクトは日々新しく生まれている。その仕組み/思想に共感してプロダクトを導入したは良いものの、現場がついて来れずに上手く使いこなせていないことは多い。システムの単語と業務用語が一致していなかったり、そもそもが紙文化であるなか、システム導入によって貯まるデータの利活用を考えずに一足飛びにシステムの導入をしようとしていたりと様々な要因はあるが、それに対しての支援をするのがテックタッチだ。

「使いこなすのが難しいアプリケーションでも、誰でも簡単に使いこなせることが所謂DXのなかでも初めのわかりやすいステップなのかなと思いますね」

井無田氏は、ガイドやガイダンスの設計の大切さを実感してもらい、どのようなビジネスプロセスで進めていきたいのかを整理したうえで、実業務に落とし込んでいくためのツールとしてテックタッチを上手く使ってほしい、と述べた。

それぞれの業務フローを見直すことは、立ち止まって、自社のビジネスプロセスや業務整理を行うきっかけにもなる。

また、SaaS等の新しいシステムを導入するということは、既存のビジネスプロセスにとらわれず、システムの思想にビジネスプロセスや業務を合わせていくことも必要だ。システムの思想を伝え、現在のビジネスプロセスからどのように変化する必要があるか、そういった提案をすることもあると言う。幅広く柔軟な形でのDX支援が可能だ。

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします。

Twitterでフォローしよう