アフターコロナ デジタルトランスフォーメーション

序章:疫病が経済にもたらすインパクト

新型コロナウイルスの蔓延によって、日本を含めた世界は悲しみと不安に包まれ、今までに見たことのない社会の情景を作りだしている。
14世紀のペスト大流行では総人口の22%が(約1億人)が亡くなったとされ、20世紀初頭のスペイン風邪もまた数千万人に達したとも言われているが*1、両者に共通するのは当時の人間社会のネガティブ・ポジティブの両面を加速させ、社会変容を引きおこしてきたことである。

例えばペストは収束まで1348年〜1400年頃という50年もの期間がかかったが、その間に労働力は激減し、社会不安は増大を続けた。ユダヤ人差別や魔女狩りが蔓延し、英仏の王位継承戦争も泥沼化(百年戦争)した。
当時の経済基盤であった農奴の労働力が激減。穀物主体の経済基盤より生産効率と単価の高い羊毛業がイギリスを中心に発展することとなり、毛織物などの貨幣労働者階級を生み出し、後の産業革命の遠因となった。また、戦乱と疫病の抑圧、そしてそこからの解放がルネサンスに繋がったという見方もある。実際、歴史学上、イタリア・ルネサンスの始まりは14世紀中旬とするのが一般的である*2。

 

 

スペイン風邪のパンデミック期間は1918年〜1920年とされている。当時は第一次世界大戦の真っ最中であり、兵士の移動が感染を世界拡大させ、感染被害の拡大が戦争を終結させたとも言われている。その理由として、第一次大戦の戦死者は1600万人と言われているが、その多くは戦傷死よりも病死であったことが挙げられる。同大戦で100万人以上の戦没者を出したのはイギリス(100万人)、イタリア(120万人)、ドイツ(250万人)、フランス(170万人)、ロシア(350万人前後)、オーストリア=ハンガリー(160万人)、そしてオスマン(300万人)であるが、これらの3分の1はスペイン風邪によるものであったとされ*3、これ以外に戦没にカウントされなかった人々が少なくとも1700万人以上と考えられている。スペイン風邪による死者は若年層に集中しており、兵士の戦没のみならず世界レベルで主力労働者層が大きく減少した*4。世界経済は停滞し、ロシア革命などの共産主義台頭と世界恐慌の遠因となったが、戦中にフォード社が確立した大量生産技術がトラクター分野に活かされて農業の効率化と大規模化が進み、女性の労働参加(軽工業の発展)および政治参加が始まる、という大きな社会的パラダイムシフトを生み出している。

このように、大規模な疫病は労働力を著しく減退させる一方で、これを補うための工夫を生み出し、加速させるという一面を持っている。そして、それは世界規模で、ほぼ同時に影響する。我々が現在被っている新型コロナウイルスの患禍もまた、全世界的な大きな転換をもたらすのはほぼ間違いない。戦争はいつの時代も工業の発展を牽引するが、疫病はこれを加速させ、社会そのもののあり方を変えてしまう。21世紀の経済戦争がデジタル発展のきっかけだとしたら、その最中に発生した疫病はデジタル化の加速によって様々な価値観を転換してしまう可能性は極めて高い。すなわち、コロナウイルスは社会不安や経済停滞というネガティブを生み出す一方、デジタルトランスフォーメーション(DX)による社会構造の転換というポジティブな未来を加速する。そして我々は今、その時代の入り口にいる。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう