音声SNSのClubhouseー次世代の井戸端会議プラットフォームは何を切り開くのか
+11

音声によるSNS、ClubhouseはモバイルアプリHighlightを創業したPaul Davison(ポール・デイヴィソン)と、Google Mapsなどでエンジニアとして働いていたRohan Seth(ローハン・セス)によって設立された*1。

そのClubhouseが、新しい資金調達ラウンドを準備していることをTechcrunchが明らかにした。具体的な金額は明らかにされていない*2。

 

日本でもさっそく著名人、インフルエンサーを中心に注目を集め、1/27(水)のTwitter日本トレンドにも入った。

注目を集めている理由はその希少性もあるだろう。Clubhouseは招待制、かつ、1人に2つしか招待コードが与えられない。さらに相手の携帯電話番号を知らないと招待できない。その上、セレブや芸能人達の生の会話が聞ける貴重な機会である。渡辺直美と青山テルマの雑談や、社会学者の古市憲寿、メンタリストのDaiGoといったインフルエンサーたちの井戸端会議はもちろんのこと、スタートアップ創業者の資金集め苦労話といった有料セミナーでも聞けないような本音トーク、ともすれば、ピカチュウ語しか使えないピカチュウ部屋など、リリースから数日で枚挙にいとまがないバリエーションのトークルームが出来上がった。何より、1月31日に開かれたイーロン・マスクのトークルームは一瞬で上限の5000人を突破し、コピー部屋が何十個も出来上がった。この貴重な招待枠が転売されるという現象が世界中で発生、アメリカではeBayやクレイグスリスト、日本ではメルカリで高値転売され、詐欺被害も発生するという混乱ぶりである。

Clubhouseの楽しみ方はそれぞれである。上記のような、スピーカー(話し手)とリスナー(聴衆)という形のラジオや座談会のような基本的な使い方から、界隈音声をBGMのように聞きながら無言で作業をする、いわゆるもくもく会として使うユーザーもおり、様々な使い方が模索されている。

また、声のインフルエンサーが活躍するボイスメディアのVoicyはClubhouseを活用した、音声配信について楽しく語らう公開スカウトキャラバンを1/30(土)に開催した*3。スタートアップを中心にClubhouseでイベントを開く企業はぞくぞくと増えており、コロナ禍ということもあり、個人だけでなく企業もClubhouse上でイベントを開催することは今後一般的になっていくのかもしれない。

 

Clubhouseのような新型SNSは多くの場合、浸透に時間がかかるものである。FacebookやTwitterですら、リリースから数ヶ月は過疎状態だった。Clubhouseのこの爆発は、SNS時代の拡散力の上に成立している。先述のイーロン・マスクの部屋も、彼自身がTwitterで予告してから広まった。Clubhouseの爆発を牽引しているインフルエンサー達は、いずれもTwitterやInstagram上で数万人以上のフォロワーを集めている人々ばかりである。

 

また同時に、コロナ禍の自粛生活により、人と会う機会、会話が減ったことも急速な人気上昇の理由の一つだろう。FacebookやTwitterなどとは違ってスクリーンショットが撮られ拡散することがないため、気楽な井戸端会議のように、思わず本音を漏らしてしまうような、内輪話の空気感に魅力を感じる人も多い。

一方で、音声は誹謗中傷と判断されるものでも記録に残らないという懸念がある。Clubhouseコミュニティガイドライン*4には差別や嫌がらせの禁止、問題のあるユーザーをリアルタイムで報告する機能により、音声を一時的に録音し保持することが可能である旨が書かれているが、AIなどの技術を使った対応は書かれていない。

また、2月2日の夜間に2回ほどサーバーダウン*5するなど、人気の裏側で技術的な不具合も起きている。これらの不具合の解消、悪質なユーザーへの対応が今後、技術の見せ所となるだろう。

 

*1
The HEADLINE(2021), Clubhouseとは何か?サービスの歩みと創業者(前編), retrieved from
https://www.theheadline.jp/articles/356

*2
Techcrunch(2021),人気の次世代音声SNS「Clubhouse」がクリエイターへの支払い計画を発表、Andreessen Horowitz主導の新ラウンド準備中, retrieved from
https://jp.techcrunch.com/2021/01/25/2021-01-24-clubhouse-announces-plans-for-creator-payments-and-raises-new-funding-led-by-andreessen-horowitz/

*3
PRTIMES(2021), Clubhouse内で「Voicyパーソナリティ 公開スカウトキャラバン in Clubhouse」を開催!2021年1月30日(土)21:00スタート, retrieved from
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000175.000021111.html

*4
clubhouse(2021), Community Guidelines,
https://www.notion.so/Community-Guidelines-461a6860abda41649e17c34dc1dd4b5f

*5
キャリコネニュース(2021), イーロン・マスク氏のせい? Clubhouseで連日サーバーダウン、深夜のピーク時にまともにサービス使えず, retrieved from
https://news.careerconnection.jp/?p=110223

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします。

Twitterでフォローしよう