【体験記事】レジゴーが見せるイオンの挑戦
+32

Amazon Goが小売業界に衝撃を与えてから久しい。実はこの衝撃は2016年のことであり、もう5年も立ってしまった。

しかし、一気呵成に拡大するのかと思いきや、その進展は比較的ソフトなものだった。2021年5月現在、お膝元のシアトルに6店舗、シカゴに5店舗、ニューヨークに7店舗、そしてサンフランシスコに4店舗、2020年2月にオープンした生鮮版Amazon GoであるAmazon Go Groceryの1店舗(5月中にレドモンド店を閉鎖し、ブランド名をAmazon Freshに改名予定)を加えれば全23店舗である*1。

一方、リテール王のWalmartは 2017年に、スマホで自ら商品スキャンして決済し、レジを通らずに買い物ができるScan & Goの展開を始めたが、約1年で中止。そして、2020年のWalmart Plusで復活することとなった。

日本最大のリテールであるイオンが4月22日から展開を開始した、スマホを活用した店舗内決済サービスの「どこでもレジ レジゴー(以下レジゴー)」は、WalmartのScan & Goに極めて近い形態である。

現在、レジゴーは全国32店舗で試験運用中。筆者はその店舗の一つ、品川シーサイド店で実際に商品を購買してみた。今回は、この体験をレビューする形でレジゴーを分析してみたい。

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします。

Twitterでフォローしよう