アメリカの理容室DXを牽引するThe Cutが資金調達。世界展開も視野に。

その昔、男の散髪と言えば理容室だった。商店街のキラキラとした美容室には母たちが向かい、トリコロールのサインが回る「理容室」は父たちのサロンであった。筆者世代にとっては懐かしい光景であるが、街の理容室は少しずつ様変わりし始めているバーバー(理容師)とその利用者のためのDXの波が、今、アメリカから始まろうとしている。

 

2021年、アメリカ・カナダの理容業界をテクノロジーで支えるThe Cutが、新たに450万ドル(約4億9000万円)を調達した*1。2016年の資金調達に合わせて調達総額は535万ドル(約5億9000万円)になった。

同社は2016年にエンジニアリングのキャリアを持つObi Omile Jr.(オビ・オミルJr.)氏とCTOでもあるKush Patel(クッシュ・パテル)氏がアメリカのワシントン市を拠点に創立し、確かな技術を持った理容師と自分の好みの理容室を探すクライアントを繋ぐためのマッチング・アプリを開発している。

 

画像引用:https://www.thecut.co/20211005trend01



The Cutのアプリには理容室用と顧客用のメニューがある。

 

理容室用のメニューは、月額無料のFreeプランと月額20ドルのサブスクProプランの2つだ。

無料プランでは予約受付、理容室の予定をカレンダーで簡単に入力、管理できるスケジューリング、ヘアスタイルポートフォリオを含めた理容師のプロフィール設定を行うことができる。

有料プランは無料プランの仕様に追加して、各クライアントの情報を入力し、来店履歴や過去にどのような髪形にしたか、どういった個性があるかなどを細かく入力しておくことができるノート機能と、キャンセルやノーショー(予約したまま来店しないこと)料金の請求、まだ来客したことがないユーザに対してのアプローチ、アプリ内決済が利用可能となる。

 

顧客リスト作成、ヘアスタイルポートフォリオ、来店履歴や決済履歴が一括で管理運用できるのは、理容室専用のアプリとしてはおそらく初めてであると言われている。

また希望した理容室にはマーケティングに役立つ販促物やTシャツや帽子などのグッズの支給も行い、集客を支援するという。理容室側のメリットも大きい。

 

決済は2016年頃から理容室のキャッシュレス決済導入に力を入れているSqureと連携してアプリ内決済を行っており、今後は店舗決済とアプリの連動の準備も進んでいるという*2。余談だが、2018年から1年間、クッシュ・パテル氏はSqureの開発者諮問委員会のメンバーだった。

 

同社のこのアプリを通した売上は2016年から2021年9月までで5億ドル(約548億6000万円)を突破、アプリ利用者は毎月10万人以上の増加を見せ、予約は1カ月平均で150万件と非常に順調だ。

海外の理容室では髪を編み上げたりデザイン性のある剃り込みの需要があり、自分と合う理容師の腕と感性を探すユーザも多いため大きなシェア拡大が起こっているのだろう。

アプリ利用者は理容室が投稿したポートフォリオを見て、今まで行ったことのない街であっても、自分に合った理容室を探すことができる。

20211005trend02

日本では、10分カットなどの“速い”“安い”理容室が人気を博している一方で、メンズカットのデザイン性にこだわったり、カフェと見まごうほどにお洒落な外観を持ったりする理容室も街中に見かけるようになった(※筆者の住む東京の片隅でもビンテージな空間に非常にこだわりを持った理容室が突然登場した)。現代のバーバー達は、空間を含めた“至福のシェービング時間”を提供するようになってきている。

自分に合った個性的な理容室を探したいという顧客側の需要が高まってくるのも必然であり、店舗探しから予約、決済まで一括で行えるアプリはこれから需要が高まっていくのではないだろうか。

同アプリは現在はアメリカ(海外領土含む)とカナダのみの展開であるが世界進出の予定があるようだ。理容室専用のアプリが日本の理容室業界のDXに貢献する日も近いかもしれない。

 

参考情報:
TechCrunch(2021),理髪店にテクノロジーで活気をもたらすtheCut, retrieved from
https://jp.techcrunch.com/2021/09/04/2021-09-03-barbershop-technology-startup-thecut-sharpens-its-platform-with-new-4-5m-round/?2
TheCut(2021),
https://www.thecut.co/
Linkedin(2021),Obi Omile Jr ,retrieved from
https://www.linkedin.com/in/obiomile
Linkedin(2021),Kush Patel ,retrieved from
https://www.linkedin.com/in/thekushpatel

引用情報:
*1*2
TechCrunch(2016),Squireは理髪店にUberの利便性をもたらす,retrieved from
https://jp.techcrunch.com/2016/09/07/20160906squire-makes-software-for-barbershops/

 

この記事が気に入ったら フォローしよう

最新情報をお届けします。

Twitterでフォローしよう