アフターコロナとDX:産業構造の変容加速とDX

―ビジネスマネジメント編

前回のコラムで、新型コロナはDXを加速する要因となりえる、ということを書いた。キーワードは「非接触」が生み出すリアルとデジタルの使い分けと、「非移動」が生み出す業務のリモート化が暴くナンセンスなタスクであり、コロナ禍はこの2つの価値基準の再考を人々と社会に突きつけることになる。すなわち、消費者も労働力も、強制的にデジタル体験に接触させられ、食わず嫌いに気づき、同時にリアルであるべきものの価値に気づくことになる。機械に任せて十分な無駄な労働の存在にも気づき、その労働が生み出す高コスト体質やナンセンスさに気づき、同時に、人が介在すべきサービスの価値にも気づくことになる。

これらの「気づき」については、一定量の人たちはとっくに気づいていたことである。しかし、様々な理由で多くの人達はこれを黙殺し、シフトを拒んできた。急速な変革や、デジタルという無機質さ、新参者が提供する軽薄(と感じる)なサービスへの嫌悪感だったり、貧困や困窮だったり、様々な理由がそこにはある。ただ、その中で最も多いものは、「非積極的賛成」というものであろう。デジタル化は賛成だけど、今のままでも改善できることはいっぱいある、という、変革には賛成という意思を示しつつも、自らは能動的に変革に参加しない、というふるまいである。実際、知らない領域を理解することは大変である。まして、数十年積み上げてきた習慣を変えるということ自体、短期的には確実に負荷がかかる。何より、改善によって空いた時間の有効な使い道がわからない。こういった意識の保守的マジョリティ達に対して、コロナは強制的なチェンジを促すことになる。習慣や価値観を変えないと命に関わる。この強烈な圧力が、人々に変化を強要し、体験済みにし、価値観のシフトを加速させることになる。

このことは、マネジメントに求められる素養大きな影響を及ぼす。今回は、ビジネス・マネジメントの視点でAfterコロナを考察してみたいと思う。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう